トップ >  豊胸手術 人工乳腺法って? > 豊胸手術 人工乳腺法って?-一般的な手術法の1つ。シリコンなどのバッグを入れる方法

※ここにソースを貼り付けてください

豊胸手術 人工乳腺法って?-一般的な手術法の1つ。シリコンなどのバッグを入れる方法

日本人は小さいバストの人が多いと以前は
言われていましたが、最近では大きな
バストを持つ女性も増えてきました。

ですが、最近はダイエットをする若い人が増えていて
中には成長期の女の子もしているため、
女性の貧乳率はむしろ上昇傾向にあります。

大体の女性はバストに対して、大きすぎず、小さすぎずと
思っている女性が多いようですし、元々小さいバストの方ほど
大きなバストに憧れを持っている方が多いようです。

そこで最近はバストアップの方法や商品は様々あり、
一番確実なのは豊胸手術で、色々試して豊胸手術に
踏み切る女性も多いようです。

この豊胸手術も最近は様々な方法があり
その中の人工乳腺法はあまり耳にしたことが
ないかもしれません。

この人工乳腺法とは、これまでも行われてきた手術で、
具体的には、

・脇の下を少し切って、そこから乳腺の下に
 ”シリコンや生理食塩水のバッグを入れてバストアップする”

という一般的な豊胸手術のことです。

以前はシリコンや生理食塩水のバッグが主流でしたが、
CMCバッグ、ソフトコヒーシブバック、バイオセルバック
メモリージェルバック、アシンメトリーバックという
色々なバッグが出ています。

ですが、このようなバッグは特徴もそれぞれ違い、
破裂しても大丈夫なもの、人工臓器などの医療品で
使われる素材で作られたもの、感触は本物そっくりでも
安全性がまだ保証されていないもの、例え破裂しても
中身が出ないようになっているものなど色々ありますから、
もし、豊胸手術をする際には、よく考えて決めましょう。


この記事のカテゴリーは「 豊胸手術 人工乳腺法って?」です。
豊胸手術 人工乳腺法って?そんな疑問にお答えしています。
関連記事

豊胸手術 人工乳腺法って?-一般的な手術法の1つ。シリコンなどのバッグを入れる方法

日本人は小さいバストの人が多いと以前は 言われていましたが、最近では大きな バス...

豊胸手術 人工乳腺法って?-一般的な豊胸手術。バッグを埋め込む安全な方法

日本人はかつて、あまり胸の大きい人はいませんでした。 しかし、生活習慣などの変化...