トップ >  豊胸手術の安全性とは? > 豊胸手術の安全性って?-安全性は高いが危険・合併症はつきもの!信頼できる医師を見つけることがカギ

※ここにソースを貼り付けてください

豊胸手術の安全性って?-安全性は高いが危険・合併症はつきもの!信頼できる医師を見つけることがカギ

豊胸手術の安全性は確立されていません。

特に、シリコンバックを利用した豊胸手術は、
年月を重ねると体内でバックが劣化し、破裂する恐れもあり、
安全性に問題があるとして使用が禁止されたこともあります。

最近では、耐久性に優れたシリコンバックが開発され、
以前のような問題は少なくなっていますが
絶対に安全とは言い切れず、万が一の場合には
体への影響も心配になります


豊胸手術は確実に胸を大きくし、本物の胸に近づけることは出来ますが、
危険や合併症が必ず付いてくるということを認識しておくべきでしょう


豊胸手術で安全性の高い方法としては、
ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法があります。

これらは比較的安全性が高い豊胸手術だと考えられています。

しかし、安全といっても、アレルギー反応が起きたり、
脂肪が定着せずにバストの形が崩れてしまったり、
脂肪の塊の中に血液が行き届かずに
脂肪が壊死してしまうという危険な面もあるのです。

そのため、安全性が高い手術でも、豊胸手術をする以上
100%の安全性は無いと考えた方が良いかもしれません。

豊胸手術の安全性を高めるために患者側ができることは
信頼できるクリニックを選ぶことです

信頼できる医師であれば、不安や疑問も減るでしょう。
また、クリニックに通いやすくなることで、
術後の異変などにも気づきやすく
その結果として、安全性を上げられるはずでしょう。

この記事のカテゴリーは「 豊胸手術の安全性とは?」です。
豊胸手術の安全性とは?そんな疑問にお答えしています。
関連記事

豊胸手術の安全性って?-安全性は高いが危険・合併症はつきもの!信頼できる医師を見つけることがカギ

豊胸手術の安全性は確立されていません。 特に、シリコンバックを利用した豊胸手術は...