トップ >  豊胸手術後に抜去するの? > 豊胸手術 手術をしたけど抜去するの?-抜去の”危険すぎる”リスクをよく考えた上で豊胸手術を!

※ここにソースを貼り付けてください

豊胸手術 手術をしたけど抜去するの?-抜去の”危険すぎる”リスクをよく考えた上で豊胸手術を!

豊胸手術を行ったものの、抜去する人も多いようです。

抜去を望む人の多くは、希望を持って豊胸手術をしたのに、

・期待したような結果が得られなかった
・術後の違和感に耐えられなかった
・豊胸バックが破損してしまった

などの理由で抜去しています。

また、体内に入れたバックが体になじまずに、
仕方なく抜去を行わなくてはいけないという人もいます。


豊胸手術を行う時は、術後の抜去についても
知っておく必要があると同時に、希望に合わなかったので
抜去するというように簡単に出来るものではないということも
知っておく必要があるでしょう。

抜去手術は、入れたものを取りだすだけの
簡単・単純な手術ではありません

バックを挿入すると、コラーゲン繊維がバックを包んでしまうため
繊維を傷つけないように慎重にバックを取り除かなくてはいけないのです。

無理な抜去により、乳腺や神経を傷つけてしまうと
母乳が出なくなってしまったり、乳房の感覚がなくなるといったこともあります。

また、豊胸手術で伸びた皮膚の中からバックを取りだすことで
バストの形が崩れてしまうという可能性も考えられます。

抜去にはこれらのリスクがあるということを
覚えておかなくてはいけないでしょう。

しかし、体に合わなかったり、破損などの理由で
仕方なく抜去という選択肢を選ぶ場合には、
もう抜去する以外手がありません

そんな場合は、詳しく説明を受けた上で
高度な技術のある熟練した医師に手術を
行ってもらうべきでしょう。

この記事のカテゴリーは「 豊胸手術後に抜去するの?」です。
豊胸手術後に抜去するの?そんな疑問にお答えしています。
関連記事

豊胸手術 手術をしたけど抜去するの?-抜去の”危険すぎる”リスクをよく考えた上で豊胸手術を!

豊胸手術を行ったものの、抜去する人も多いようです。 抜去を望む人の多くは、希望を...